思い出

はかない恋愛

私が行った大学は東京の真ん中にあるカトリック系のJ大学でした。語学が売りなので、女子学生のほうが目立っていた感じです。ドイツ文学科に入学し、厳しいドイツ語の授業を受けながら、サークル活動もしていました。自分の趣味で、文芸サークルの「K文学会」というサークルでした。中学生ぐらいのころから、文章を書くのが好きで、本を読むのも大好きだったのです。サークルではおかげで話の合う友達がたくさんできましたが、どうも文学などをやりたがる人というのは個性が強くて、男性は女性的、女性は男性的なところがあり、人間関係のぶつかりあいは多かったです。

 

みんなそれぞれ作品を書いて、ガリ版刷りの雑誌を作り、合評会などと言って批評しあったりが活動だったのですが、あまりそういうことをしないで、飲みに行ったりとか男女交際ばかりがんばるメンバーも多かったです。私は割ときまじめに活動をしたいタイプだったので、けむたがられることもありました。男女交際ばかりに熱中しているグループとは距離を置いていたので、そういう人たちからは悪口を言われることもありました。まあ、何かと人間関係は難しかったですが、それなりに楽しく活動して、彼氏もできました。

 

彼氏なんてできたのは初めてだったので嬉しかったですが、結局私がきまじめすぎるので相手が引いてしまい、短期間で終了してしまいました。とはいえ、初めてのことだったので、今となってはとても懐かしい思い出です。